« ハノイ(ベトナム)→南寧(広西チワン族自治区) | トップページ | 広州(広東省)→珠海(広東省・経済特区) »

2011年9月 6日 (火)

南寧(広西チワン族自治区)→広州(広東省)

9月6日 最高33度(最低気温24度)雲り、晴れ

南寧発19:15、2572次で朝7:40広州着、海が近いせいかそれほど暑さは感じない。

広州への車内は女性二人男性二人の組み合わせだったが、寝てばかり何の会話も無く広州駅着。
広州駅前は高いビルも無く大きな街とは感じられない。
地下鉄は清潔で結構じゃないですか。
中国の地下鉄は概ねホームと線路の間に自動ドアが有り転落事故を防止している(北京の1号線には無かった)、日本には何故ないんだろう設置費用が高いから?、日本では毎日のように人身事故が発生しているのに。
人命軽視と中国を笑ってはいられない現実がある。

20110906012011090602

南寧駅でも取れず広州→アモイ行きは長距離バスを覚悟し始めていた処、広州駅で広州東→アモイ行きの汽車切符が入手できた。
切符は9月11日の夜行列車で硬寝台車(下)だが仕方あるまい、汽車で13時間の行程をバスでの移動ではちょっとつらい。
11日まで広州で過ごすしかない。

広州で予約したホテルは広州駅から地下鉄2号線の洛渓駅にあるいつも利用しているMOTEL168酒店(168元)、中心部からはちょっと遠いが広州南駅に近く「マカオ」への移動が楽だと思い予約した宿である。

ところが、広州に着いてみると市中心部のホテルから「マカオ」行きのバスが30分間隔で出ており、こんな中心から外れたホテルは必要なかったな、着てみなきゃ解らない。

「食は広州に在り」、MOTEL168酒店の隣のレストランで昼食、美味しいスープと鶏肉料理に出会えた、食事がおいしい地方は名所旧跡にも増して幸せな気分になる、もっともこれまでは日本料理ばかり食べていたが。

ハノイで更新したブログが文字化けしていたので南寧で修正した。
ハノイのホテルの部屋ではLANが使えずWiFiなら使えると言われたが、生憎私の持参したPCは15年前のボロ・ノートPCで、最悪壊れても盗難にあっても良いように持ってきたもの。
スピードは遅いし(600MHZ/CPU)、WiFiなし、バッテリーは使えず取り外した、「ヘレンケラー」状態のPCである。
従って、ローカルで更新したブログをUSBメモリに移して、ホテルのネットにつながるPCへ移動しアップロードしたが、このPCが英語とベトナム語しか使えず、日本語をインストールしようとするとCDを用意しろと言うし、結局文字化けした次第。
中国国内に戻れば問題なし、でもない。

広州一日目のホテル選びはやはり失敗だった、これまでは旨く行っていたが。
ホテルの周りに何もない、レストランが一軒だけ。
昼と同じレストランじゃつまらないしと、夕食を食べに市内バスに乗って出かけたが繁華街は見つからないし、止む無くタクシーに乗ったら行き先を間違えるしで散々。
またバスに乗り換え要約繁華街らしきところに出たが食堂が全く見当たらない、本当に場所が悪い。

要約見つけた食堂に入る。

2011090603

先ず「お茶と洗面器が出てくる」、なぜか?理由は簡単「お茶で食器を洗いなさい、洗った茶水は洗面器へ」と言う事。
懐かしいな~、北京に居たころはレストランに入るとお茶で食器をよく洗浄してたものです。
でも洗面器がセットで出る事は無かった、皆床へ茶水を放ったり、入り口の外へ放ったりしてたな。
ここでは未だやってるんだ、暑い地方だから衛生には注意しなきゃね。

2011090604

料理は旨かったが量が多すぎ、これだから一人での中華は食べずらい。
明日は珠海へ移動、場所の良いホテルだと良いが。

« ハノイ(ベトナム)→南寧(広西チワン族自治区) | トップページ | 広州(広東省)→珠海(広東省・経済特区) »

南方旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハノイ(ベトナム)→南寧(広西チワン族自治区) | トップページ | 広州(広東省)→珠海(広東省・経済特区) »